つながる包装とネット通販とは

つながる包装が起点となって、アマゾン・ゴーや中国の会社が無人店舗を拡大させています。日本にとって無人レジとは人手不足解消のように考えられていますが、アマゾンなどは、無線やカメラによる認証、協働ロボットや人工知能、機械学習、深層学習を組み合わせて、それはまさに未来型店舗の実験をやっているようなものです。アマゾン・ゴーに日替わりで店舗に並ぶミールキットは、近い将来、ひとりひとりの独自メニューに基づくパーソナル化sれた食事の提供を予想させるものです。ミールキットは日本でも増えてきています。献立を調理するのに必要な材料一式がそれぞれに小分けされて包装されセットされたものは、とても便利です。人数分の材料とレシピが同封されています。未来型店舗は購買行動を大きく変化させる技術であるロボットやスマートミラー、自動支払などです。