包材の加工技術の進化

現在では包材の加工技術が飛躍的な進化を遂げ、今までは不可能だったレトルト食品や冷凍食品といった中身の進化にも一役買っています。

最も代表的なものが、ガラスや金属などを蒸着し作り出されたフィルムで、低価格で大量に生産することができます。

このフィルムは透明で軽く、印刷可能なうえ、ガスなども遮断させることができ、加工もしやすいためチューブやプラスチックなど様々な素材とも複合的に利用されています。

しかし、安価で加工しやすいため大量な使用や過度な包装がされ問題視されるようになりました。

こちらに関しても、プラスチックの原料を石油系統から植物由来のものへ転換する技術が研究されたり、リサイクルの推進のため分別しやすい印刷を行うなど様々な対策が取られています。