RFIDタグ応用のバナナ出荷管理術

アメリカ最大の小売業者ウォルマートは、マサチューセッツ工科大学が開発した炭酸ガスセンサー付きRFIDタグを用いて、クレートごとにバナナが放散する炭酸ガス濃度を計測して、熟成に応じて出荷を調整しています。年間を通じて、廃棄ロスを10%削減できたといいます。果物の中でも最も痛みやすいバナナは、原産国から消費地までの間で約30%廃棄されているそうです。このことが売価に折込済みなのです。バナナは昔は無包装で売られていました。今ではポリ袋に入れられて売られています。これもロス削減のひとつの工夫です。アメリカでは、バナナ売り場には必ずバナナスタンドが売っています。スウェーデンの会社は、通常の感熱ラベルとラベラーを使って精肉のサプライチェーン全体に温度管理を保証するシステムを立ち上げて実用化しています。