切り離せない使い捨て技術

使い捨ての文化から廃棄物を資源として「リサイクル」するような動きが活発化しておりますが、日本のリサイクルシステムが今後の未来の日本社会を支えるに等しい活動になり得るかは、現状に至っては少々非力であると言うことばが浮かび上がってきます。これからの産業社会を支える基盤のなかには「リサイクル」といった廃棄物を再資源化する関環境の保全に対応できる企業体系が求められてくると思われます。個人レベルでの活動しては、多くの人が有料化されたレジ袋を利用せず、外出のたびにマイバッグやエコバッグなどを携帯する姿が垣間見られておりますが、個人レベルの活動の他にも、企業や産業側の地球環境への負荷低減としての企業姿勢が市場での関心度として高められていく必要がありそうです。