新商品の包装

新商品を売り出すとき、どんな包装を選ぶかを考えたり、販売個数を考えたりする上で、まずはターゲットを絞り込むことが大切です。これが分からない事には、予測をすることができません。

たとえば新聞の読者層というのは、はっきりと違いがあるといいます。自分の店のテイストに合わせて選びましょう。杉並区で朝日新聞は、住宅地で、建売住宅や予備校のチラシが多いといえます。宅配のチラシも多いようです。多摩市の朝日は、車での生活が主流ということで、比較的遠方のスーパーのチラシも入ってきます。車のチラシも多めです。さいたま市の朝日は、住宅地で、建売住宅やリフォームが多いようです。日曜朝市の広告も多めです。

浦安市の朝日では、住宅地、マンションや家電、車などのチラシも多いようです。浦安市の日経は、読む人の層が働いている人々ということが考えられます。また一家庭で重複してとっている場合も多いようです。そのため基本的に折込の数は少ないといえます。神保町の朝日は、オフィス街ということもあって、折り込みの枚数は極端に少ないといえます。入ってくるものとして、オフィスに勤めるサラリーマン向けの広告です。スーツだったりパソコン教室だったり、ゴルフや税務関係、育毛といったところです。また不特定の人に向けた宅配ピザなどもあります。

神保町で毎日の場合は、朝日よりも折込数が少なくなります。オフィス街のために入ってるチラシは、やぱりサラリーマン向けのものか、不特定の人々に向けたものとなります。3万部以上になる場合は、特定の業者に頼みましょう。枚数の多いときは、広範囲に配るために折込業者に頼んだ方が効率的です。各銘柄の新聞に折込むことができます。データベースに基づいた綿密な配布戦略を立てることができます。ただし、料金の方は販売店よりも高くなってしまいます。全国配送もできます。

このように、具体的なターゲットをイメージすることで、どんなことが求められるのかを絞り込むことが重要です。