ガラス瓶の包装でフードロスを削減

規格外あどで出荷できない農産物に悩む生産者の力になれないかという考えから、ガラス瓶とのコラボを考えた人がいるそうです。シェフや加工食品メーカーと生産者をつないで、ガラス瓶協会との関係性で、プロジェクトを発足したそうです。ジャムなどといった旬のものをおいしく保存できる瓶詰め商品というのは、加工のプロや生産のプロに良い形を作りたいと思わせるそうです。また、ソースやチリソースというものもガラス瓶に詰めて風味を閉じ込めることができるそうです。チャツネや赤ちゃんのベビーフードなども瓶詰めで風味が保てるそうです。カラダに良いものを作りたいという人たちとても受け入れられているそうです。飲料水などもガラス瓶が用いられるそうです。ガラス瓶のデザインも豊富になって、ミネラルウオーターも高級感がでるそうです。紅茶やコーヒーも瓶が使われることはまだまだ多いそうです。コーヒーや紅茶は風味が命といったものにはあっているかと思います。エナジードリンクでもガラス瓶が使われたりするそうです。シリアルのパッケージはギリシャの包装会社がグランプリを取ったものがあるそうです。パッケージには可愛らしい馬のお団子がデザインしてあったりと温かみのある色を使ったりするそうです。ビールもガラス瓶を使うことが多いそうです。デザイン部門で優勝したビール瓶は、中国の会社が制作したもので、中国の印章の歴史を表した篆刻をメインモチーフにしたりしているそうです。ボトル全体にも同じモチーフのエンボスが刻まれているそうです。中国の何千年モノ歴史を思わせるデザインになっているそうです。瓶にラバー処理で耐衝撃性を与えて可愛く包装するものもあるそうです。