酸化を防止する

酸素は空気中に約21%含まれているそうです。

この酸素が、食用油脂の酸化、非酵素的褐変、色素の分解、風味の劣化、栄養成分の破壊、変化を起こすそうです。

さらに微生物の酵素を活性化させるなどの微生物の生育を促すそうです。

酸素などの気体がプラスチックフィルムを透過するのは次のようなメカニズムは次のようなことがあるそうです。

  • 気体がフィルムの表面全体に吸着して凝縮するそうです。
  • フィルムの反対側が減圧や無酸素の状態の場合は、フィルムの内部と外部に濃度差ができて、フィルム内部へと収着して溶解を始めるそうです。
  • 気体はこの濃度勾配をてこにして、内部に拡散を始めるそうです。これでフィルム内に透過していくそうです。
  • フィルムの反対側の面に収着して、そこから脱着して蒸発することで透過するそうです。

気体や水蒸気の分子の大きさは0.3〜0.5mm程度だそうです。

細かい孔がなければ気体類は透過しないはずですが、実質的に孔がない非多孔膜であるプラスチックでも孔が形成されるそうです。

それは、ポリマーの熱運動によるそうです。ポリマーの熱運動で直径1mm以下の孔が形成させるそうです。40℃で1c㎥のポリエチレンの中に4☓1021個も存在するといわれているそうです。したがって気体類は熱運動によって比較的容易にプラスチックフィルムを透過することができるそうです。

このようなガス透過の度合いはさまざまあるそうです。

そのため、必要に応じて適切なものを選択しなければならないそうです。

通常では、酸素ガスを遮断するフィルムとして、アルミ泊、アルミ蒸着、透明蒸着、ナイロン、エチレンビニルアルコール共重合体などがよく使用されているそうです。

その他としては塗工品も加えられるそうです。

目指せ!包装マスター★食品包装を極める!のTOPへ