乾燥剤の種類と特性

シリカゲルは、無色透明のガラス球状乾燥剤だそうです。

大きな表面積を持っていて、物理的吸着現象によって水分を吸収するそうです。

孔数が多く広い表面積を持ち、低温域で容量の大きなA型と、大きな容積を持っていて高湿度域で吸湿率が高いB型があるそうです。

安全性が高く、吸湿しても外観に変化が怒らないそうです。

吸水速度、吸湿力も優れているそうです。

生石灰は、石灰石を約1200℃で焼成した白色か灰色の小片の化学的乾燥剤だそうです。

通常は石灰石100グラムが水和反応によって32グラムの水を吸収し、結晶構造が変わって体積が約3倍に膨張して水酸化カルシウムの粉末になるそうです。

生石灰の吸収速度は、高湿度で比較的早く、低湿度では遅く反応する自己調整型だそうです。低湿度で吸湿容量が大きいそうです。

シリカゲルに比べて安価ということで、工程間の移動や一時保存をするときに多く用いられているそうです。

ただし、急激な吸収によって発熱してしまうそうです。その際、強アルカリ水溶液となるため飲み込んでやけどしたり、目に入って失明するということもあり子どもの事故例もあるそうです。

火事にも注意する必要があるそうです。

シリカアルミナゲルというのは、吸着し吸水する乾燥剤だそうです。発熱がほとんどなく、潮解性もなく、吸水するとドロドロになったりするそうですが、溶解性はないそうです。

シリカゲルに比べて高湿域では吸湿率が低く、低湿域では高いそうです。性能的にはシリカゲルに劣るそうですが、安全な物理的乾燥剤だそうです。

種類としては、モンモリロナイト、アロフェン、合成ゼオライト、天然鉱物ゼオライトがあるそうです。

塩化カルシウム系は、吸湿して液状となる潮解性塩類だそうです。急激な吸収よって発熱するそうです。

目指せ!包装マスター★食品包装を極める!のTOPへ